投資先として考えた場合のフリービットとミクニの魅力

投資企業の価値は株価とは無関係と言われることは多いものですが、対外的に評価される株価は企業の存続を決める重要な要素と言っても過言ではありません。その為、その活動内容を積極的に公開し、また社会貢献を行うことで好印象を与え、投資家の人たちにアピールすることも企業としては必要な活動と考えられます。
投資家の側から見た場合には、あくまでも投資は自己利益が最終目的であることが多いものです。その利益とは金銭的な面も有りますが、投資先の企業が多くの社会的貢献や高い利益を達成することで、その企業に対する投資家で有るという社会的地位が得られるという点も大きいものです。

フリービットとミクニはその点に於いては非常に優良な投資先と言えます。フリービットはインターネットビジネスの中では先駆的な存在として、様々な新規ビジネスを展開しています。現在は様々な企業をグループ化してインターネットビジネスの総合企業として多くの成果を上げており、安定した業績の会社として現在でも高い評価を得ている会社です。

ミクニは自動車部品の製造販売において非常に有名な会社ですが、その特長は開発製造力が非常に高く独自の部品を多数開発している反面、特定の自動車メーカーの傘下に収まることなく独自性を維持している経営方針にあります。現在の自動車メーカーの多くは特定の自動車メーカーの傘下に入ることで経営を安定させようとするケースが多いものですが、ミクニはその独自性を維持することで企業の経営の自由度を尊重しており、社会的評価が高い企業と言えます。

このような非常に独自性の強い企業に対する投資はそのリスクが高いと考えられがちですが、経営方針が明確であることが多く投資リスクが少ないというメリットがあります。