タケエイとNTTに投資をするときの注意点

株に投資をするときには銘柄に合わせて注意をする部分というのがありますから、それぞれの特性をよく理解した上で投資をする必要があります。まず、タケエイですがこの銘柄は東証一部の銘柄であり時価総額が200億円程度とそれほど大きなものではないので、少し大きな売り買いが発生すると値動きも大きくなりやすいという特徴があります。
株価業種的にそれほど大きく値動きをするようなものではないので、比較的落ち着いて株価が推移していますがそれだけに一度動意づくと大きく値が動く可能性もあるということを考慮しておきましょう。また、資金力のあるグループに株価を操作されやすいというデメリットもあるので、短期的に上下に動いたときには値動きに惑わされることのないように気をつける必要があります。

一方のNTTは東証一部でも上位に入るぐらいの超大型株であり、時価総額が10兆円近くもあることから資金力を持ったグループで簡単に操作をすることができないものとなっています。そのため、人為的に株価を操縦されるという恐れは少ないので、人為的に株価の操作に振り回される心配というのは少ないものとなっています。
値動きも比較的おとなしいのですが、値嵩株であることから短期間で1000円近い動きをすることもあるため、決してリスクが少ない銘柄というわけではありません。大型株だけに地合いに左右されやすいという問題もあり、地合いが良いときにはどんどん株価が伸びていきますが地合いが悪くなるとNTTの業績自体は悪くなくても、地合いに足を引っ張られて株価が低迷してしまうということがあるのでNTTに投資をするときには地合いの変化にも気をつけるように心がけましょう。