株初心者はどんな銘柄を選べば良い?

商品券老後のためにも投資で資金を増やしたいという人はけっこう多いですが、初めて投資をするなら株式会社に投資するのが良いと考えられます。株式会社とは、株券という有価証券を発行して投資家に買ってもらい、集まったお金で会社を運営する組織のことです。株券は会社の業績や評判によって株価が変動します。投資家は会社の将来性を考えて株の売買取引を行い、投資家の評価が高い会社は株価が上がっていきます。基本的に株式会社は業績を上げようと努力するので、滅多なことが無い限り株価の大暴落になることはありません。

また単純に投資をしてみたいと思う人には株主優待で銘柄を選ぶというのも良いでしょう。株主優待は年1~2回の決算に株を保有していれば、株式会社から贈り物が届くサービスです。贈り物の種類は株式会社によって異なり、飲食店を経営している株式会社なら食事券や商品券などが貰えます。株主優待を貰うには、株の最低保有数を満たしていること、優待の権利確定日まで株を保有していることが条件になります。

株初心者は株主優待を利用して長期投資するのが良いでしょう。例えば、3千円分の商品券を1年に1回貰える株式会社があったら、20年保有すると6万円分の商品券を貰える計算になります。株を購入した時の価格が10万円なら、商品券で6万円分は回収できており、20年後の株価が5万以上なら利益と考えて良いです。このように長期投資で考えて、株主優待で株価の下落をカバーすることができます。

株初心者は株主優待で貰える物を考えて銘柄を選ぶと良いです。特に商品券や食事券などの金券が貰える銘柄、お米などの食料品が貰える銘柄は投資家に人気があります。金券や食料品は生活する上で無駄にならず、一定の需要があるので株価も下がりにくいです。

その他にも株価上昇を予想するサイトも利用するのもいいでしょう。無料で株価が上がりそうな銘柄を公開しているサイトもあるので、株初心者の銘柄探しにおすすめでしょう。

株初心者向け情報サイト

株初心者の銘柄探しは、株の予想サイトを利用してみましょう!
業種別で株価を予想

デイトレードを株初心者が始めたい方必見!
デイトレは銘柄で決める

株の初心者はプロのアドバイスを参考に

プロからのアドバイス株初心者はプロにアドバイスを受けるのも1つの選択肢です。今はインターネットに情報がたくさんあふれていますが、信頼できる情報ばかりではありませんし、細かい情報だと掲載しているサイトも数少なく見つけるのに時間を要してしまうこともあります。

株初心者はプロに対面でアドバイスを受けることができると安心ができるでしょう。現在はネット証券が主流になっていますが、ネット証券はインターネットで全部自分で情報収集をしなければなりません。その点総合証券は手数料が高いですが、その人の疑問に的確な答えも求めれるため株初心者の人にはおすすめができます。

時に株式投資には経営や経済の知識が必要になることもあり、そのような場合はやはり経験が味方をします。100%勝てる人はいませんが、始めたばかりの素人に比べると経験値の差から高い確率で勝てるため、このようなプロのアドバイスはとても参考になるでしょう。 ただし、証券会社の営業マンは知識と経験を持っているものの、100%あなたの味方というわけではないということに注意をしておきましょう。会社の利益が第一優先であり、あなたにとっては有益でも会社にとってはそうではない情報は与えてくれないこともあります。株初心者の内はプロのアドバイスを聞いてみることは良いことですが、最終的には自分で判断ができるようにならなければなりません。

投資顧問に頼りたい方には「イーキャピタル」

個人の人を対象として投資助言サービスを行っている企業として、「イーキャピタル」があります。イーキャピタルでは情報、サービス、コンサルティング等の全てにおいて高いクオリティを追及しており、依頼をすることで国内外の市況から相場まで様々な情報を入手することができるようになります。

イーキャピタルへの依頼の流れは、まず会員登録を行う必要があり、ここでは希望するコースを決め内容に沿って契約を締結することになります。利用においては、買付可能な資金枠を申請し、それぞれが希望する取引内容によって買い指導後の買値申告、売り指導後の売値申告を行い、利益を確保した場合には成功報酬をイーキャピタルに払うことになります。 成功報酬は、有価証券の売買差益から売買手数料等を再引き、残りの金額の21.6%となります。仮に損失が発生した場合には次回の利益金と相殺して清算されることになり、売買に関しては売買報告書を提出する必要があります。注意が必要になるのは、助言内容とは異なる売買を行ったときがあり、まずは会員の意思で決済をしなった場合には決済助言の翌日の寄付値で差益計算をすることになります。また、報告前に会員の意思で決済をした場合には、その価格で差益計算を行うことになります。

担当者の面談イーキャピタルでは、契約期間中は専属の担当者から電話や面談、メールによる助言を受けることができます。設けてある会員には4つのコースがあります。

内容としてはこの通りで、費用がかかると思う人もいるとは思いますが長い目で見たときに投資が上手くいって利益を得られるならばと、利用している人は多くいるのです。